【巨人】畠世周の結婚した嫁がまさかの…!田口麗斗との意外な関係とは….

ジャイアンツの畠世周結婚したことが話題になっています。

一体お相手はどんな方で、どんな馴れ初めがあったのでしょうか。

そして元ジャイアンツで同僚だった田口麗斗との意外な関係についても、

いろいろ詳しくチェックしてみましょう。

畠世周のプロフィール

誕生日:1994年5月31日

出身:広島県呉市

身長:186cm

体重:82kg

出身高校:近畿大学附属福山高校

出身大学:近畿大学

プロ入り:2016年 ドラフト2位

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

畠世周は結婚した嫁の唐揚げが…??

近大福山高校時代には甲子園の予選でのちにチームメイトとなる田口と対戦したり、

近畿大学時代には大学通算46試合で13勝13敗、防御率2.03の記録を残すなどして、

2016年のドラフトで2位でジャイアンツに入団した畠世周

高いポテンシャルを評価され、将来のエース候補として期待されてはいるものの、

現時点ではまだ覚醒しきれていない状態です。

しかしそんな畠も、プロ入り3年目のオフについに結婚。

お相手は児童福祉施設に勤める一般女性とのことです。

 期待の本格派右腕が、生涯の伴侶を得た。畠は「来年は自分にとって勝負の年。野球以外の私生活でもサポートしてくれる方」と、結婚の喜びとプロ4年目となる来季への決意を示した。

 お相手は兵庫県出身で児童福祉施設に勤める1学年下の一般女性。プロ入り後に一目ぼれし、交際を申し込んだ。「永久(とわ)に夫婦」にかけた10月22日に東京都内の区役所に婚姻届を提出。「笑顔がかわいい」「甘辛ダレをつけた唐揚げがおいしい」と、のろけっぱなしだった。

https://www.sanspo.com/baseball/news/20191122/gia19112205030002-n1.html

お相手は一般の方なので残念ながら写真はありませんでしたが、

畠自身が描いた似顔絵ならありました!

巨人のローテーションを支える畠の結婚に、巨人ファンも歓喜です。

ジャイアンツは競争の激しいチームですが、

奥さんのためにも頑張って欲しいですね。

畠世周と田口麗斗は親戚だった…!!

畠世周は広島県呉市の出身で、

同じ広島県出身の田口とは甲子園の広島予選で対決したことがありますが、

実はこの二人、親戚関係だったそうです。

 巨人・田口麗斗投手(24)が10日、球団公式インスタグラムを使ったライブ配信でファンと交流し、同僚の畠世周投手(25)と親戚関係であることを告白した。

 配信の終盤に「実はジャイアンツに親戚がいる」と切り出した。得意のものまねによるクイズ形式で、ファンに質問。投球姿をまねた後、「答えは畠さん。僕のおじいちゃんの方をたどっていくとどうやら親戚らしくて。直接血のつながりはないんですけど」と明かした。田口は広島市、畠は呉市と、どちらも広島県の出身。ともに先発ローテーション入りを目指している投手という現在地も共通。判明した際は田口自身も「びっくりした」という。

https://www.sanspo.com/baseball/news/20200511/gia20051105020002-n1.html

そして田口のヤクルト移籍後、

巨人vsヤクルトでこの親戚対決が実現したそうです。

甲子園の予選で対戦した時だったり、

巨人でチームメイトだった時に親戚関係だったことに気づかなかったのがすごいですね。

どちらにも頑張っていただきたいものです!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする