【中日】大野雄大の嫁が美人すぎた…阪神ファンすぎて移籍する可能性あり??

令和初の沢村賞受賞者である中日のエース、大野雄大の、

結婚した嫁さんがめちゃめちゃ美人という噂です!

一体お相手はどんな人で、どんな馴れ初めがあるのでしょうか。

そして大野が実は大の阪神ファンであるという噂についても、

いろいろ詳しくチェックしていきましょう。

大野雄大のプロフィール

誕生日:1988年9月26日

出身:京都府京都市伏見区

所属:中日ドラゴンズ

身長:183cm

体重:83kg

出身高校:京都外大西高等学校

出身大学:佛教大学

目標とする選手:藤川球児

プロ入り:2010年 ドラフト1位

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

大野雄大の結婚した嫁は塾講師だった…

佛教大学時代には日ハムの斎藤佑樹らと並んで「BIG4」として注目され、

中日にドラ1で入団後、2020年には沢村賞を獲得するまでに成長した大野雄大。

この投稿をInstagramで見る

大野 雄大(@yudai_ohno)がシェアした投稿

2019年と2020年には最優秀防御率も獲得するなど、

長らくAクラスから遠のいている中日ドラゴンズにいながら、

セ・リーグを代表するレベルのエース投手として活躍を続けています。

さて、そんな大野雄大ですが、2012年に大学時代から交際していた方と結婚しましが、

そのお相手がめちゃめちゃ美人であるということが発覚しました。

 中日大野雄大投手(24)が結婚することが27日、分かった。お相手は佛教大時代に知り合った塾講師、鈴木美優奈(みゅうな)さん(23)。同大学のチアリーダーとして活躍していた京美人だ。

交際してちょうど3年目の今月26日に婚姻届を提出。すでに名古屋市内で同居をスタートさせており、来オフに挙式する。人生の応援団を得て、飛躍の3年目に向かう。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20121128-1052654.html

そんな奥さんの美優奈さんがこちらです。

とても美人な方ですね!

出会いは佛教大学時代で、大野からアプローチしたそうです。

 大野が最高の“専属チアリーダー”とタッグを組む。お相手の美優奈さんは佛教大のチアリーダー部に所属していた同学年の京美人。大学1年の時に吹奏楽部の定期演奏会の受付をしていたときに一目ぼれ。猛アタックして大学3年のときに交際がスタートした。

 「つき合ったときから結婚を意識していました。一緒にいて楽しいし、気を使うことがない。僕のことを一番に思ってくれる」

https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20121128-1052654.html

大野も京都出身ですが、美優奈さんも京都出身。

現在はお子さんが二人いますが、全員京都出身です。

ちなみに大野から美優奈さんへのプロポーズはかなり感動的なものでした。

 愚直に力で押す投球スタイルだが、プロポーズの時は技巧派に変身した。作戦を決行した9月20日。名古屋市内のホテルを予約して彼女を京都から呼び寄せた。部屋には婚約指輪と(結婚を申し込む)手紙、9月7日阪神戦(ナゴヤドーム)で勝利した際に手にしたドアラ人形をスタンバイさせた。「手紙を自分で読みました。泣いてました」。サプライズ作戦は見事に成功した。

 「責任感は感じます。幸せにしてあげないといけないと思う。力に変えて頑張りたい」

https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20121128-1052654.html

結婚してからしばらく時間は経ちましたが、

ドラゴンズのエースとして、球界を代表するクラスの投手に慣れて、

年俸も3億円以上もらっちゃって本当に大活躍で、美優奈さんも喜んでいるはずです。

大野雄大は大の阪神ファンで、阪神に移籍も…??

大野雄大は京都の生まれで、しかも地元愛が非常に強いことで有名です。

シーズンオフには長期間規制し、自主トレも地元の山でおこなっているとか。

そしてそんな関西出身の大野雄大は子供の頃から大の阪神ファンらしく。

同じく京都出身の嫁さんも阪神のファンらしいです。

大野は阪神の中でも特に藤川球児への憧れが強いらしいです。

大野が阪神ファンという話は結構有名で、

そのせいか、2020年にFA権を取得した際は阪神に移籍するのではないかと噂されましたね。

結局中日に残留し、現在は家族と名古屋で暮らしているのですが、

ドラゴンズで仕事しながら、プライベートでは阪神を応援したりしてるんですかね〜〜。

そんな大野雄大でした!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする