【衝撃】原口健飛は17歳で子供ができ19歳で結婚、親とは絶縁状態だった…

RISEやRIZINなどを主戦場に活躍している

キックボクサーの原口健飛

そんな原口ですが、実は17歳で父親になり

その時に親と絶縁状態だったんですね。

そんな壮絶な過去を持つ原口健飛について、

結婚の話や試合前に恐怖で泣く話など、色々詳しく見ていきましょう・・・

プロフィール

誕生日:1998年4月9日

出身:兵庫県

身長:175cm

体重:63kg

経歴:第6代RISEライト級王座

階級:ライト級

所属:FASCINATE FIGHT TEAM

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

NEXT天心として注目の原口健飛…

第6代RISEライト級チャンピオンであり、

RIZINでも元K-1チャンピオンの大雅をKOした原口健飛

この投稿をInstagramで見る

#筋トレ#タンクトップ#キックボクシング#RISE#RIZIN#RISEライト級王者#フィジーク

原口健飛/Kento Haraguchi(@h_k_fft)がシェアした投稿 –

バックボーンに中学まで続けた空手や、

高校時代にはプロとして西日本新人王決定戦準優勝を果たしたボクシングを持ち、

最近では強靭なフィジカルをも手に入れ今まさに大注目のキックボクサーです。

2020年の1月に秀樹選手をKOで破りRISEのチャンピオンに輝くと、

同年8月にはRIZINの舞台で過去に引き分けた元K-1チャンピオンの大雅をノックアウト

10月にはライバルである白鳥大珠も参加したRISEの-63kgトーナメントでぶっちぎりの優勝

那須川天心がボクシングに転向しようとしている中、

「NEXT天心」として大いに期待されているのがこの原口健飛です。

そんな最強と呼び声高い原口健飛ですが、

実は現在2児の父親で、子供ができたのは17歳の時だったんですね…

原口健飛は17で子供を作り親と絶縁状態だった…??

原口健飛は今までずっと公表していなかったのですが、

2020年1月に秀樹選手との試合に勝ってRISEの王者になった時に、

リングの上で子供がいることをカミングアウトしました。

 チャンピオンになったら言わなあかんことがあって。僕、19歳の時に結婚して今2人の娘がいます。チャンピオンになったら言おうと決めていて。中途半端な戦績で子供がおるって言いにくくて。

今、こうやってチャンピオンに慣れて2人の娘にとってやっと少しは自慢できる父親になれたかなと思います。

https://gonkaku.jp/images/article/2898

めちゃめちゃかっこいいお父さんですね。

原口健飛は短期間でかなり強くなったと言われていますが、

それも子供がいたおかげかもしれません。

さらに原口はその後のインタビューで、

子供ができた当時親とは絶縁状態だったということも明かしました。

「隠していたわけではなくなかなか言うタイミングがなかったんです。チャンピオンになって自分で言いたかった。言えてスッキリしました。子供たちとも遊びながら、家族で頑張っている感じを出していきたいのでよかったです。

長女は僕が17歳の時に生まれて、いろいろあって。親とも絶縁状態というか認めないと言われてそれ以来喋っていなくて…僕がACCELでチャンピオンになった時(2017年8月)に認めてくれて。よかったです」

https://gonkaku.jp/images/article/2898

17歳といった高校2年生の年齢ですから、

親からすればかなり衝撃でしょうね。

とはいえ、現在は父親と二人三脚でトレーニングに励んでおり、

試合中のセコンドも父親が付いています。

当初は絶縁状態でも、

現在は関係良好のようですね!

原口健飛は試合前恐怖で泣いている??

さらに原口の意外なエピソードなのですが、

その見た目や試合中の強さとは裏腹に、

かなりビビリな性格で、試合前には泣くこともあるそうです。

これは原口のTwitterです。

試合が近くなると「負けたらどうしよう」という恐怖に襲われるそうです。

さらに試合直前にはプレッシャーでトイレで泣くんだとか。

こんなに強い選手でも緊張するんですね。

しかしそれこそがあのリングの上での原口の強さを作っているのかもしれません。

これからもどんどん活躍して欲しいですね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする