【衝撃】亀井義行の嫁はペットトリマーだった!サヨナラホームランの衝撃がすごい..

読売ジャイアンツのベテラン亀井義行ですが、

これまでに結婚や嫁さんのことが話題になることはなかったですよね。

しかし調べてみたところ、どうやら2005年に結婚していました!

お相手は一体どんな方なのでしょうか。

そして亀井といえばのあの感動的なサヨナラホームランについても、

いろいろ詳しくチェックしてみましょう・・

亀井義行のプロフィール

誕生日:1982年7月28日

出身:奈良県大和郡山市

所属:読売ジャイアンツ

身長:177cm

体重:94kg

出身高校:上宮太子高等学校

出身大学:中央大学

プロ入り:2004年 ドラフト4巡目

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

亀井義行が結婚した嫁はどんな人物なのか…

2005年にプロデビューを果たし、

15年間安定の成績を残し続け、

ついに2019年の契約更改で年俸1億円を超えた亀井義行。

年俸1億円超えは亀井にとって小学生時代からの夢であったそうです。

年齢ももう30台後半ですが、それを思わせないような

若々しいプレーで常にファンを魅了していますね。

そんな亀井ですが、実はプロ1年目の2005年に結婚していたんですね。

一体お相手はどんな方なのでしょう。

 亀井義行の嫁はペットトリマーをやっている中村愛さんという一般女性。中央大学時代の後輩で、一目惚れした亀井がもうアプローチを仕掛けて交際に至ったそうです。

一般の女性の方なので写真はありませんでした。

亀井はジャイアンツの中でも渋い感じの選手で人気があり、

亀井の奥さんを羨む女性ファンは多いでしょうね。

さて、それではそんな亀井義行の、

涙のサヨナラホームランについて見てみましょう。

3連続敬遠からのサヨナラスリーラン

亀井といえば2017年の千葉ロッテ戦で、

一つ前を打つマギーが3打席連続で敬遠され怒りに震えた結果、

逆転となるサヨナラスリーランホームランを打ったことが印象的でしたよね。

亀井はこの日のヒーローインタビューで

もし打てなかったら命を取られるくらいの覚悟で向かったと言ってましたね。

 涙で目の前がぼやけた。打球の行方も分からない。ただ亀井は手に残る感触から、サヨナラ逆転3ランになったことは分かった。人生で初めて、泣きじゃくりながらベースを一周した。

本塁上でもみくちゃにされた先には、笑顔の高橋監督が。泣きながら胸に飛び込んだ。「よくやったな」の声に涙腺が完全に決壊した。「もう覚えていないんですけど、本当にね。心が折れていたので…。奇跡としか言いようがないです」と目を真っ赤にした。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/1842667.html

このサヨナラホームランはおそらく亀井が引退後も

ずっと語り継がれるくらいの衝撃的なものでした。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする