【真実】萩野公介の不調の原因は、miwaでも骨折でもなくメンタル面が大きかった…

リオ五輪では金・銀・銅メダルを手にし、

ロンドン五輪でも個人で銅メダルを手に入れるなど、

水泳で輝かしい経歴を持つ萩野公介

しかしそんな萩野が原因不明の大不調に陥っており、

ファンや関係者からは心配の声が上がっています。

一体萩野の不調は何が原因なのか。

いろいろ検証していきたいと思います。

萩野公介のプロフィール

誕生日:1994年8月15日

出身:栃木県小山市

身長:177cm

体重:71kg

学歴:東洋大学文学部卒業

所属:ブリヂストン

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

萩野公介が不調に陥るまでの成績がすごすぎる…

小学校1年から水泳をはじめ、

高校時代からすでに数々の世界大会で好成績を納めていた萩野公介。

そんな萩野のこれまでの実績を挙げると多すぎて数え切れません。

まず、2012年のロンドンオリンピックでは高校生ながら、

400m個人メドレーで日本新記録を叩き出し、銅メダルを獲得。

そして大学進学後の2013年の世界選手権では、

400m自由形及び200m個人メドレーにて銀メダルを獲得。

さらに200m背泳ぎで5位、400m個人メドレーでは5位に入賞。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、

男子400m個人メドレーにて日本記録を出しての金メダル

800mフリーリレーでは日本人チームでは52年ぶりのメダルとなる銅メダル

200m個人メドレーでは銀メダルを獲得しました。

名実ともに日本水泳界のエースとして君臨していた萩野公介ですが、

2018年あたりから原因不明の大不調に陥り、

一時は競技から離れて休養を取ることもありました…

萩野公介の原因はメンタル?骨折?

萩野を突然襲った不調の原因は一体何なのでしょうか。

彼のコーチを務める平井伯昌氏はこう話します。

「体調かメンタルなのか、総合的なものかもしれないが、本人は分からないと言っている」

萩野の不調が始まった原因は、右肘の手術ではないかと言われていました。

実は萩野は2015年7月に自転車の事故で右肘を骨折しており、

2016年9月にその右肘の手術をしたんですね。

そこから本来の泳ぎができなくなってしまい、

自分の体に異変を感じるようになった萩野は、その時をこう振り返ります。

 自分が自分じゃないような、だんだん心と体が離れていくような感じでした。普通の状態って心と体がシンクロしている状態だと思うんですけど、それがどんどん遠くなる。というよりも、離れていく….

https://www.nhk.or.jp/sports-story/detail/20191224_4252.html

怪我の影響以上に、萩野は色々なことにも苦しんでいたそうです。

練習ではうまくいっても、本番のレースでそれを出せなかったり、

徐々に萩野は水泳が辛くなり、それを6年間指導してくれてる平井コーチに伝えたそうです。

「多分本質を忘れてしまったんでしょうね。水泳という本質を。あんなに好きな水泳が、今もしかしたら好きじゃないのかもしれない。こういう考えに思い当たる自分が・・・すごく辛かった。本当に、生後6ヶ月から親に連れてこられてずっと水泳をやってきて、気づいたら身近にあったものが、僕の中で変わっていた。それがすごく辛かったです。」

https://www.nhk.or.jp/sports-story/detail/20191224_4252.html

そしてそれを聞いた平井コーチは、

「大学1年からお前をずっと見てきたけど、ようやく本心を言ったな。長かった。」

と返し、平井コーチなりに萩野を励ましたそうです。

そこから萩野は休養に入り、海外旅行に行って色々なものを見て回復。

2019年の8月に競技に復帰しました。

萩野公介の不調の原因は燃え尽きでも彼女のせいでもなかった

萩野の不調は、これまでの大活躍ゆえの燃え尽きだったり、

ずっと交際していた歌手のmiwaのせいでもなく、

やはり幼い頃からずっと水泳をやってきて、

ずっとどこかで「休みたい」と思っていたが言葉にできず、

それが溜まりに溜まってしまった結果だと思われます。

この投稿をInstagramで見る

Last week I had good races. Thank you for always supporting me. I’ll continue to do my best. #bridgestone #chaseyourdream #nike #justdoit

Kosuke Hagino(@kosuke.hagino)がシェアした投稿 –

休養中にはライバルである瀬戸大也とは大きく離され、

復帰後のレースでもなかなか以前のような記録は出ませんが、

「休養中に遊びまくってたんだから仕方ない」

「パートナー選びに失敗した」

などのネット上の意見には負けずに頑張ってほしいですね。

北島康介も34歳まで水泳をやりましたし、

萩野もまだまだ引退する年齢じゃないと思います。

絶対に復活してほしいですね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする